[サルフェーションとは?]

サルフェーションとは、放電したまま放置されたバッテリーに見られる現象で、電解液中に溶解している硫酸鉛の微粒子が飽和状態になり、電解液の温度が低下した時に結晶化し不環性の硫酸鉛となる現象です。


不環性の硫酸鉛は電気を通しにくい性質を持っていて、極板に付着すると電気の流れを悪くする抵抗になります。また、極板の反応面積が小さくなり放充電能力(容量)が低下し、進行すると化学反応そのものが起らなくなり、 通常の充電をしても回復しない使用不能のバッテリーとなってしまいます。


[サルフェーションを解消する画期的充電方法]

パルス充電器はサルフェーションを起こしたバッテリーを自動検知し、通常充電を行う前にサルフェーション解消充電を行い極板の反応面積を大きくしてから通常充電を行います。
充電してもすぐにあがってしまうようになったバッテリーをリフレッシュして元気なバッテリーに回復させるのです。(完全劣化、セル断裂、セル短絡等の場合は回復はできません。)